「こんなんでいいのー?」を許可する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: strength-1148029_1280-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-4-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e383-1.jpg

【↑メール講座詳細は↑画像をクリック↑】

それさえ実践しながら成長するんです

「こんなんでいいのー?」って感じるようなことって世の中にはたくさんあるんです。

でも、多くの人は「常識」や「教育」なんかで、「そんなんじゃ悪い(ダメだ)」って感じて、

せっかくこんなんでいいのに、わざわざ罪悪感を発動してくたびれる方を選択してるんです。


くたびれる方を選択する(楽してはならない=have to)が、コンフォートゾーンだと、

労力が少なく利益を得ることを認識できなかったり、要所要所で悲壮感が出たりと、

感謝を味わい辛く、歯を食いしばって、「場」が動いて行かない状態が長く続きます。


誰しもが、そのままで価値があるってところが腑に落ちているのであれば、

自らに過度の労力を強いることなく、自分にとって嬉しいことのためにはお金を使い、

自分が満たされることを許可しても良いですし、その満たされた波動が新たな価値になります。


ですから「勉めて強いる」ことが「正」だと捉える無意識を意識に上げて、

自分のゴールにとって必要なことはやることやるし、「こんなんでいいのー?」みたいなのも、

犯罪じゃなければ当然のように受け入れていいのだと、「勉めて強いる」を手放す。


パッツンパッツン状態が長続きするのは、大変非効率であり自己愛に乏しく負の波動を生みます。

「やることやる」は、バシッと集中してやる(やることやらなくてもOKということではない)。

「こんなんでいいのー?」に罪悪感は必要ない。


「こんなんでいいのー?」ということで、お金を頂くことを許可できない人は多いんです。

しかも、相手が価値を感じているのに「自分の労力に見合うか?」という基準を勝手に設定して、

「この労力では相手が価値を感じないはず」と、自らお金を頂くことを許可できずに、

無限の可能性を狭めている提供者がホントに多いんです。


「こんなんでいいのー?」が軌道に乗れば、

「お金がある」というよりは、「時間がある」になりますので、様々な貢献ができます。

あなたに子供ができて、「うちの親は、いつも家に居て余裕な感じなのに裕福だ」と感じたら、

「ヒーコラ時間を切り売りして、苦労するのが稼ぐということだ」という自我を形成することなく

「あー、仕事って労力的にこんなんでいいんだー」ってのが当たり前になって、

将来サラッと稼ぐ人になって、自分も幸せで多くの人に貢献するかもしれません。


「成功したい願望」とか「そのためのノウハウ」とか、気になるところではありますが、

「こんなんでいいのー?」に対する罪悪感が、多くのゴール達成の障壁になることを知って、

ゴールの世界を実現するためにも、やることやりつつ罪悪感を手放しましょう。

「こんなんでいいのー?」を許可するアファメーションを唱えるのも有効ですね!

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。


↓ 過去ブログ  メール講座 ↓

【過去ブログ記事一覧】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: strength-1148029_1280-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-4-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e383-1.jpg

【↑メール講座詳細は↑画像をクリック↑】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中