「自己責任」の圧し掛かりから解放

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: strength-1148029_1280-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-4-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e383-1.jpg

【↑メール講座詳細は↑画像をクリック↑】

最大の防御壁「自己責任」

コーチとして活動し始めた時点というか、これまで人を惹きつけていない人生を送った人で、

コーチ活動していくうえで、超絶重い文鎮のように圧し掛かってくるのが「自己責任」です!

「過去は関係ない」というプリンシプルが手伝って、最強の防御壁になります。


元々実家が裕福であるとか、ある程度自身のビジネスで成果を出した人なんかは、

「そーよねー確かに自己責任よねー」くらいの理解で、重く圧し掛かりませんが、

一世一代の決意で臨んだ人は、気が狂いそうになる人もいるのではないかと思います。


だって本当に自分の活動次第であるわけですし、活動してもらうわけではないのですから。

でも、「こんなはずじゃなかったのにー」てな感じで、頭を抱えるコーチがほとんどです。

そうなる前は、頭を抱えることなく努力することなく活躍するんだーと意気込んでいる。


自分の持っている情報発信能力を駆使して、心を込めて発信しつづけたものの、

挙句の果てに心身ボロボロになってしまったコーチがいる現実がありますし、

その時点でも抽象度高く観れば「ただの経過」ですし、「自己責任」なので誰も責められません。


非常に重要なことは、仮のゴールを設定して実現するにあたり、

「自己責任」の「場」に突っ込んでいって撃沈するような目に遭うことが、

現状の自我の域で生活しているあなたにとって必要なイベントだったということ。


ほとんどのコーチがコーチングセッションをするに至ってないのですから、

ほとんどのコーチにとって、自己責任で撃沈することは必須なのだということです。

撃沈することで認識できる、ゴールにとって重要性の高いことがあるのです。


その認識を、撃沈の絶望感によるスコトーマで見えなくなっている人もいます。

こういった人は、RASが機能して認識したコーチに会いに行くと良いのでは?

自分の現状の自我では、太刀打ちできないところに覆われているからであり、

コーチの視点で観ることにより、体験も重なってコーチの観察の結果が身に沁みるでしょう。


そういう覚悟と実践がないと、重く圧し掛かる「自己責任」は、外れることなく居座ります。

「自己責任」の「こんなはずじゃなかったのにー」は、学びが足りないからではありません。

でも、実際の臨場感は意気込んだだけ強い苦しさが伴います。


プリンシプルを学んだだけでは「自己責任」から解放されない現実を痛感したのなら、

実は、現状の外の扉を開けるチャンスだということですが、非常に気づきにくい!

気づいて実践している人にエネルギーを差し出して訊くことにより、解放されます。

結局、やることやる人しかコーチとしてコーチングセッションを実現できません。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。


↓ 過去ブログ  メール講座 ↓

【過去ブログ記事一覧】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: strength-1148029_1280-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-4-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e38394e383bc-e382b3e383-1.jpg

【↑メール講座詳細は↑画像をクリック↑】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中