自分は陰陽の「陽」側なのだから

【プロコーチマインドになる メール講座開講中】

それならばどうなると決めているのか?

禅, 陰陽, スピリチュアリティ, 調和, ヨガ, 瞑想, 砂, シンボル, ウェルネス, 石, オリエンタル

コーチングも、もはや多種多様になってきているということで

「インチキコーチングを撲滅しよう」という流れがあり

本当なのか知りませんが適当なコーチング協会を作って、

何の価値もない認定証を発行しているなんて話もあります。


もし、そういうのがあるとするならば、

しっかりしたコーチングは「陽」で、インチキコーチングは「陰」ですので

光があれば影があるように、発生してもおかしくはないのですが

「陰」が暗躍しないように「陽」のコーチにプロコーチとして活躍してほしいという

コーチングを教える側の意向もあります。


そういった意向は要因になるかはわかりませんが、

プロコーチとして活躍したいと思う「陽」のコーチは多いはずです。

では、「陽」のコーチが言うところの「陰」のコーチは

自分のことを「陽」だと思っていて、相手に貢献したくて活動してるのか

情報弱者みたいな人を騙して、自分らの利益を上げようとして活動してるのかわかりませんが

コーチングを職業としてクライアントと契約するという流れは同じです。


ここで、「陽」のコーチが言うところの「陰」のコーチが

より多くのクライアントとコーチング契約を締結するというゴールを設定して

そのイメージに臨場感を感じてエフィカシーが高い状態で物理世界で効果的な行動を実行したら

「陽」のコーチからしてみれば「うわぁ「陰」が暗躍していくぅー!」ということになります。


そんな状態で、「陽」のコーチが素晴らしく抽象度の高いゴールを設定して

そのイメージに過去の良い情動記憶を応用して臨場感を感じたり、

数日に一回ツイートするとかブログ何か月も更新してないとか

情報空間を遊泳するような活動をしていたら、

現実世界でのコーチング契約が実現ペースとして遅いです。

ますます、「陰」のコーチが暗躍しているということになります。


教える側の意向は関係ないし、それでいいならいいと言うことかもしれませんし

本気で悪質な「陰」のコーチにセッションを受けて残念な体験をしたクライアントも

ゴール達成することを辞めなければ、次に繋がるということでもあります。


ただ、「クライアントとコーチング契約をしたい!」という本気度が違いますし

それが結果として表れちゃうよねという話です。

もちろんプロコーチとしてのマインドが調っていればクライアントに選ばれるって話ですが

現状に意識を向けると、調ってないのでクライアントがいないという状態が見て取れます。


自分は「陽」のコーチングの神髄を学んだのだ!

そういうことであれば、是非多くの人に貢献して活躍することが良いことですので

プロコーチとしてのマインドを調えて、必要な情報発信をすることで

「陽」のコーチングをどんどん広めていきたいですね!

だって、相手の役に立つことなのですから、実現した方が良いですから!

私自身も本気の人のサポートを益々していこうとしておりますので

必要な方には与えることができます。

最後までご覧いただきまして、本当にありがとうございます。


↓ 過去ブログ  メール講座 ↓

【過去ブログ記事一覧】

【プロコーチマインドになる メール講座開講中】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中