阿頼耶識にアクセスしてゴール設定

【阿頼耶識にアクセスする メール講座開講中】

信じてきた自我を止めると苦しい

仏, 銅像, 池, 彫刻, 仏像, 仏の彫刻, 石の彫刻, 仏教, 水, アートワーク

本当にやりたいゴールは何か?

他人が喜ぶことから考えることで

抽象度の高いゴールを設定している人は多いかもしれない。

そのゴールを達成すると、なんで嬉しいのか?


例えば、世界平和という抽象度の高いゴール。

世界平和が実現したら、あなたはなんで嬉しいのか?

世界が平和である状態とは、どんな状態か?

あなた自身、今、平和な状態なのか?

あなたが今、影響を及ぼせる範囲は平和なのか?

世界平和実現のために、毎日取り組んでいることは何か?


「観自在」という言葉に「止観」の本質が秘められていて、

「観自在」には「自在を観る」と「自在に観る」の意味があります。


自在を観るとは

「心を静かにして、自分自身の状況をありのままに見きわめる」

自在に観るとは

「自由自在に世界を眺め、心の欲するままに行動する」


この「ありのままに見きわめる」って、簡単ではないんです。

「ありのまま」に自我が割り込んできますから自我に寄るんです。

「抽象度の高いゴールを設定しなくてはならない」という自我。

「こんなゴール設定している自分は知的な存在という優越感」という自我。

「コーチとしてこのようなキャラで居なくてはならない」という自我。

「コーチングを教えて頂いた人の言うことは絶対である」という自我。

こういった自我も全部、それ以外の自我も全部、一旦自我を止めて観る。

これめちゃムズイです。


難しい言い方をすると、

「阿頼耶識」にアクセスしようとしても

「末那識」が立ちはだかるということです。

「末那識」という執着するエゴを外すというのは苦しくもあります。

私のときは、その場で寝込み、

そこから丸2日寝て起きて食べて寝るの繰り返しの生活になりました。


「あんなに、抽象度が高くて利他的なゴールだと思っていたのに、

エゴが創り出した本当にやりたいゴールじゃなかったなんて!」とショックを受けて

でも「末那識」を「こうだからこうで・・・」という風に頭で考えても無駄で

苦しさに「ホントにもうわからないよ!」と明らめたときに、

深層心理にアクセスして「あれーなんでこれが浮かんでいるんだろう?」と見えてくる体験。

そこで、「あぁ、これがやりたかったんだな」と心からのゴールがわかる。


それは、最も抽象度が低いゴールであり、

そこに重要度を感じることによって、認識できる情報があり、

それらの情報から、ゴールの抽象度が上がっていくのは当然のこと。


そんなゴールだから、自在に観て、

思わず、自由自在に世界を眺めて、心の欲するままに行動するんです。

「でも、達成できないかもしれない」とかエフィカシーが高いとか低いとか

そんな次元でウロチョロすることも次第に減っていきます。


もちろん「空」であることも理解しているので、

「空」と「仮」の往復を繰り返すことで「中観」で生きます。


抽象度高いゴール設定をして、イメージして気持ちよくなってるだけの人は

エゴが執着しているゴールに過ぎないので行動できないのかもしれません。

でも、行動せずに世界平和を願い続けているということは、

現実世界で悪い行いをしないという「仮の役割」を全うするので、

それはそれで平和な人が増えていて良いのかもしれません。


本日は、自分の自我は自分ではなかなか手放せないということで

セルフコーチングではなかなか困難なところを突いてみました。

コーチによるサポートで、ゴールにとって不要な自我に気づけますので

コーチングの必要性を感じて頂ければ幸いです。

最後までご覧いただきまして、本当にありがとうございます。


↓ 過去ブログ  メール講座 ↓

【過去ブログ記事一覧】

【プロコーチマインドになる メール講座開講中】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中