それでも自嘲をやめられない

コーヒー, ペン, ノートブック, ノートを開, 空手帳, カフェイン, カップ, カフェ, コーヒー カップ

未来から時間が流れる

2003年にCDリリースした、自分たちのバンドの曲の歌詞がふと頭に浮かんだ。

-・-・-

stay derision ! I can't stop derision

so I don't wanna see your crying days

~自嘲をやめられないけど、あなたの悲しい日々を見たくないから~

-・-・-

他のメンバーが書いた歌詞だけど、よく考えるといいなこれ。

-・-・-

当時、20代前半だったので、まだまだ若かったけど、

今の抽象度で捉えると、コーチングに通じるなと思ったんですよね。

今なら、笑顔溢れる日々を送って頂くために、

「マインドの使い方」という無形の形でお渡しすることが出来る。

-・-・-

自分に対しても、他人に対しても

嘲笑するということは、自尊心を下げているということになります。

「自分(他人)が、良い生き様ではない」ということを、

「セルフトーク」としてマインドに刷り込んでいるということですからね。

他人を嘲笑しても、脳は誰に向けて言ったというのは関係なく、

「嘲笑うような自分」という自尊心に繋がります。

-・-・-

嘲笑を言葉に発しても、頭の中で思ったとしても刷り込まれます。

「セルフトーク=自分の中での自問自答」は、一日に何万回と行われます。

「どうせ」「無理だ」など、嘲笑うようなセルフトークを繰り返すのと、

「自分はできる」「あなたは素晴らしい」など、与えるセルフトークを繰り返すのでは、

マインドに与える影響に歴然とした差が出ます。

-・-・-

「それでも、自嘲をやめられないんだ!」と

最初の歌詞のような思いの人はいるのではないでしょうか?

ポイントは「設定したゴールから時間は流れてくる」ということ。

「常に未来の方向を向こうぜ!」ということですね。

解説していきます。

-・-・-

自分(他人)の自己評価や自尊心は、過去からの基準で決定していませんか?

過去から培った価値基準を満たしてないように感じて自嘲(他人を嘲笑)している。

だから未来は「crying days」だ、というのは確実ではありません。

過去から培った価値基準を満たす、満たしてないは、未来に関係ないのです。

-・-・-

現状の外にゴールを設定して、ゴール側の価値基準を満たしてる自分を見据える。

その見据えた自分(未来)から、時間が流れて今があるので、

ただ、「見据えた自分になれるという自己評価の自分」が「今」なのです。

自己を「見据えた自分になれる」と評価していることが、ゴール達成に繋がりますからね。

その「今」が過去に流れていくだけです。

だから過去基準の自己評価や自尊心は必要ありません。

「今」が「どうせ俺なんて無理という自分」なら、

「ゴール基準を満たした自分」という未来から流れてきた「今」の選択とは言い難いです。

-・-・-

他人の評価に関しても、「その人の未来」が基準なので、

あなたがあなたの基準で他人を嘲笑う理由はありません。

他人が「その人の未来」に向かってアクションしているところを、

あなたの基準で嘲笑うということは、「ドリームキラー」になっているということです。

「その人の未来」に向かってアクションした結果、

その人が大成功をすることだってありますからね。

世界的成功を収めた人も、初めはみんなに笑われたという話がよくあります。

-・-・-

最後に注意点としては、「自嘲してしまう自分も大好き」ということです。

自嘲は必要ないと言われても、してしまう自分も自分であり、

未来を見据えて、自己評価が高い自分も自分です。

どちらの自分も大好きなので、どちらでも良いのですが、

「自分のゴールを達成する未来」から時間が流れて後者を選ぶということです。

-・-・-

「自分は嘲笑う人間であってはならない」というマインドだと、

「嘲笑っちゃダメなんだ」というリラックスしてない状態になります。

いざ自嘲したら「またやってしまった」とネガティブに捉えて、

通常時とやってしまった時の行ったり来たりで、マインドが安定しません。

どんな自分も大好きで、ゴール達成する未来から自由に選択するだけです。

-・-・-

未来を見据えて、そのための自己評価を上げる。

コーチは、誰よりもそのサポートをします。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e382a2e383bce382abe382a4e38396.jpg

ブログ記事一覧(画像をクリック)


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e382a2e382a4e382b3e383b3-1.jpg

メール講座開講中(詳細は画像をクリック)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中