その先の世界があってのゴール

トンネル, パイプ, 管, 地下, 建設, 点灯, パイプライン, トゥネル, 黒建設

「〇〇になりたい」だけじゃゴールに近づかない

「〇〇になりたい」というゴールを設定する。

目指したが、なかなか進まないという状態になってしまった。。。

どうしてもなりたいはずなのに、どうしたらいいんだ!

そんな状態になっている人もいるのではないかと思います。

大丈夫です。

一緒に深めていきましょう。

-・-・-

「〇〇になりたい」は、〇〇になることが目的なので「なるだけ」がゴールです。

なるだけを目標にしていると、なった世界に臨場感を感じられないので叶いません。

「〇〇になるってことは、こんなことするんだろうなー」というのも、

「こんなことをすることになった→だからやる」という自分のwant toではないです。

want toというのは、自分の内側からほんとうにやりたい!と思うことなので、

ゴール設定は、自分の理想とする世界に満ち溢れている状態でありたいですね。

-・-・-

だから、「〇〇になりたい」の、「その先の」世界があって、

その先の世界が「自分はこうありたい」という前提があるのです。

自分がどういう状態で、

相手がどういう状態で、

周りがどういう状態で、

都市がどういう状態で、

日本がどういう状態で、

世界がどういう状態で、

「そんな風に在りたい!」から、〇〇になりたいのです。

〇〇になるというのは、自分のこうありたい状態に包括されているのです。

だから、自分のこうありたい状態を高く設定することです。

-・-・-

「顔がカッコイイ」「数回優しくしてくれた」「ミュージシャンで曲がイケてる」など、

それだけの「この人と付き合いたい」というのは、「その先」がないので、

付き合っても短期的である可能性が高いということです。

「愛する人と、こんな風に笑い合ったり、楽しんだり、尊敬し合ったりして過ごしたい」

そんな「自分のありたい状態」を設定して重要性を感じることで、そういう人が現れるのです。

-・-・-

しかし、人それぞれ臨場感を感じられる世界に個人差があります。

ゴールを達成したとき、全く知らない国がどういう状態か?

そんなの、なかなか臨場感を感じられないかもしれません。

だから、まずは臨場感を感じられる最も高い世界を設定しましょう。

上記の例だと、自分、相手、周りの状態まで臨場感を感じ、ゴール設定して、

それに沿った世界になる方法が、だんだん見えてきて進んでいきます。

しかし、ゴールに近づくにつれて、都市、日本、世界と臨場感を感じる状態を更新しないと、

また、なかなか進まないという状態になってしまいます。

キーワードは「その先」です。

-・-・-

「〇〇に未だなっていない」という状態に意識を向けるのではなく、

「今、自分のありたい状態の理想に近づいているか?」に意識を向ける。

「〇〇に未だなっていない」という「不足感」に臨場感を感じるのではなく、

「自分のありたい状態になっている」という「充足感」に臨場感を感じるのです。

そうすることで、「〇〇になる」という状態に、当然のように移行します。

「満たし続けている」生き方で、捉えられる世界が広がって更新することで、

「自在」に生き続ける未来を謳歌することでしょう。

-・-・-

臨場感を感じられる、最も高い「その先の世界」を設定し続ける。

「充足感」を感じながら、ゴール更新は随時です。

だから大丈夫です。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e382a2e383bce382abe382a4e38396.jpg

ブログ記事一覧(画像をクリック)


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e382a2e382a4e382b3e383b3-1.jpg

メール講座開講中(詳細は画像をクリック)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中